特別栽培米の農林水産省ガイドラインに基づく表示

【 一括表示 】

農林水産省ガイドラインによる表示
特別栽培米
節減対象農薬 秋田県慣行栽培比5割減
科学肥料(窒素成分) 秋田県慣行栽培比5割減
栽培責任者 鈴木俊仁
住所 秋田県南秋田群大潟村西2-1-19
連絡先 TEL 0185-22-4175
確認責任者 鈴木和見
住所 秋田県南秋田郡大潟村西2-1-19
連絡先 TEL 0185-22-4175
精米確認者 鈴木繭子
住所 秋田県南秋田郡大潟村西2-1-19
連絡先 TEL 0185-22-4175

【農薬の使用状況】

使用時期
用途
農薬有効成分 使用回数
種まき前
種子消毒殺菌
イプコナゾール 1回
種まき時(4月初め)
病気予防・殺虫
メタラキシルM
ヒドロキシイソキサゾール
シアントラニリプロール
イソチアニル
1回
田植え前(5月初め)
初期除草
プレチラクロール 1回
田植え後(5月下旬)
除草
メタゾスルフロン
ピラクロニル
ダイムロン
1回

【科学肥料使用状況】

化学合成窒素成分量   3.71kg/10a

  • 特別栽培米 認証の印
  • 特別栽培米 認証の印

特別栽培米について、詳しく知りたい方は秋田県農業公社のホームページをご覧ください。

カテゴリ一覧

ページの上に戻る